転職サイトのDODAやキャリコネ|40代の転職失敗|5つの秘訣を公開

本当に今の職場から転職する必要がありますか。

 

先走る気持ちだけで転職に踏み切るのはやめましょう。

なぜなら

思ったとおりの転職ライフにはならないからです。

 

やはり実際に働いてみないと分からないことは沢山あります。

その時、あなたは必ず、こう思うのです。

 

前職と違う。前の方が良かった・・・

 

だから、ネガティブな理由で

 

辞めたい! 

 

と思った気持ちのままで転職してはいけません。

 

じゃあどうすればいいか?

 

条件を整理しましょう。

 

結局は今の条件になんらかの不満があるから辞めたいのですよね。

でも、そういうのって大体複数ありません?

全部が都合よく良い条件の会社というものはないです。

 

条件を整理しましょう。

 

仕事する上で一番大事、つまり譲れないことは何かが分かるからです。

 

全部の条件が今までと同じ、もしくは良くなるという訳にはいきません。

 

例え、キャリアアップできたとしても、前職のほうが良かったと思うことは出てきます。

 

だから、譲れる条件、譲れない条件を項目ごとに整理していきます。

 

でも、どれもこれも大事で転職するからには納得いくようにしたい。

 

わかります。

でも、

 

妥協することも大事です。

だって今ここを見てるということは

あなたは転職に少なからず苦労しているということ。

時間もないはずです

条件ばかりにこだわっていては年を越してしまいます。

 

妥協といっても

あくまでも

入社する時はです。

 

よくあるのが

勤務地とか勤務時間、

一番は給料でしょう。

 

ゆくゆくは経験を積んで、新たな分野の知識を覚え、出世していけば

もともとの条件が満たされるどころか、

今の自分では考えつかないチャンスが訪れるかもしれません。

 

逆に

なんであんなことに固執していたんだろう。

妥協じゃなく考えが変わったんだと

思えるようになります。

 

動かなければ現状維持ですが、一生良くもなりません。

 

書類で落ちる原因はボリュームです。

ここからは実践編として

 

40代の転職者がよく失敗する書類の書き方について注意しましょう。

 

だって

 

職務経歴書

 

前回いつ書きました?

何年前ですか?

 

①書くボリュームが少ない

久しぶりに書くと絶対こうなります。

 

文字量の少ない書類は転職意欲や応募意欲の弱い書類に見えます。

 

転職活動中のあるエリート銀行マンがアピールのために

【丸の内支店勤務】

と自信満々に書きましたが、

銀行業界の人以外はその実績のスゴさが分かりません。

 

他人にも分かるように

全営業マン1000人中1位とか

MVP受賞とか社長賞3回受賞とか書くと伝わります。

 

大事なのは誰が見てもどう凄いのかが伝わる書類を作ることです。

 

つまり、それだけ書くボリュームは多くなると思います。

 

②てんこ盛り過ぎ。一方的過ぎ。ポイントを絞ること。

 

さっき言ったことと一見逆のことですが違います。

やりすぎということです。

 

40代で転職経験がある程度多く過去に幅広くやってきたことを

 

何でもかんでも伝えようとして不必要なことまで伝えてしまいがち。

 

何ができる人なのか不明瞭です。

 

例えば、総務・人事・経理・法務・広報と多くの実務経験してきたとしましょう。

 

何でも伝えようとする人や

意気込むあまり聞かれてないことまで言ってしまう人のように

アピールしたいことが多すぎて、だらだらと間延びした印象を与えてしまいます。

 

企業側が求めている分野のポイントをついたアピールが必要です。

 

一人で考えずに誰かに相談しましょう。

 

今、客観的に見れていないからです。

新卒の就職活動の時は必ずセルフチャックをさせられます。

自分とはなにか?自分の長所短所は?いわゆる自己分析です。

必ずこれからさせられます。

それを先生や親に見てもらって意見をもらいます。

他人から見た自分との乖離がどのくらいか知るためです。

でも、40代になって転職活動する時はあまりしません。てか全然しないでしょう。

自己分析もしませんよね。

改めて紙とペンを用意してやらないです。

頭の中でやってるつもりでいるだけで、しっかりやっていません。

面倒くさいし、もう客観的に見れているし、と思っているからです。

 

それです。

 

いわゆる自分のセルフイメージはもう随分と更新されていません。

古いままです。

良いところも悪いところも昔の自己分析のままなのです。

 

変わっていませんか?

良い自分。意外と増えてません?

悪い自分。他人にはどう思われているのでしょう?

 

思ったより自分は昔より良くも悪くも成長しているということです。

そこを自分だけでは分かりづらい。

 

なんかの時に友人に言われて、意外だと思ったことあるんじゃないですか?

 

そんな風に思われているんだ自分。

 

誰でもいいですよ。聞いてみるんです。

私の良いところってある?

 

▼▼▼あなたの良いところをプロに見出してもらいましょう!▼▼▼

 

MIIDASの質問に答えるだけで、200万人の年収データから、

あなたの市場価値を見出します!

ここからチェック↓

MIIDAS(ミイダス)会員登録プロモーション

絶対最強!転職エージェントに相談しましょう。

やはり、一番良いのはプロに相談することです。

でも、40代ミドル転職者はプライドが高いです。

だから、相談しません。

 

失敗したくないといいながら

相談するのはちょっと

なんて言っていたら

絶対失敗します。

 

転職エージェントを味方につけて

転職の可能性を10倍広げる方法を教えてもらいましょう。

 

転職エージェントは企業と応募者との間にいる立場なので

常にフェアな立場にいます。

 

あなたに対しても企業に対して

プラスなこともマイナスなこともハッキリと言ってくれます。

 

とくに企業と転職エージェントのとの関係はかなり深いです。

 

普通では出てこないお値打ちレア求人情報を持っています。

 

上手く情報を引き出すためには敢えてこだわりと志向や考えを伝えましょう。

 

ここは遠慮するところではありません。

 

転職エージェントは多くの魅力的な求人から

あなたの希望にマッチしたものをセレクトてくれるのです

転職エージェントまとめ

▼転職なら【DODA】求人情報・転職支援会員募集 /パーソルキャリア株式会社
転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス

→転職のプロが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポートいたします。

 

▼経験問わず、IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を志望する方

IT・Web・ゲーム業界のエンジニア転職なら【Tech Stars Agent】

→今までにないITエンジニアに特化した転職マッチングサービス

▼正社員未経験の30~54歳の方はここからエントリー

30~54歳の就職・転職をサポートしています
→東京しごとセンター専任の就職支援アドバイザーが30~54歳の就職・転職をサポート

 

▼総務・経理・人事経験が長い人はここからエントリー
経理財務・人事総務・法務の求人・転職なら|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】
→管理部門のキャリアに精通したキャリアアドバイザーが転職をサポート

 

飲食業界経験が長い人はここからエントリー
独立・未経験・40代!飲食で頑張りたいを実現サポートします。飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」

→飲食経験者コンサルタントがあなたにピッタリの職場を多数提案